電子マネー30万円だまし取られる 横手の女性被害

お気に入りに登録

 秋田県警横手署は11日、横手市の30代女性が架空請求詐欺の被害に遭い、電子マネー30万円分の利用権をだまし取られたと発表した。

 同署によると、10日に女性のスマートフォンに「ご利用料金のお支払い確認が取れていません」などと記されたショートメールが届き、記されていた番号に電話した。応対した男から「ネット利用料金29万600円が未納で、今日中に支払わなければ裁判になる」と言われたため、指示に従ってコンビニで電子マネーを購入し、利用に必要な番号を伝えた。

(全文 250 文字 / 残り 23 文字)