高校野球、全4球場で降雨順延 仕切り直しに向け各校調整

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
大館鳳鳴の選手は打撃練習に汗を流した=秋田商高室内練習場
大館鳳鳴の選手は打撃練習に汗を流した=秋田商高室内練習場

 第101回全国高校野球選手権秋田大会第3日は12日、秋田市のこまちスタジアムなど4球場で2回戦8試合が予定されていたが、雨により13日に順延となった。各校は、室内練習場などで仕切り直しの戦いに向けて調整した。大会日程は1日ずつずれ、順調に進めば決勝は21日に行われる。

 こまちスタジアムの第2試合で秋田工との対戦が組まれていた大館鳳鳴は、同市の秋田商高室内練習場で体を動かした。打撃練習では各選手がシャープな振りを見せ、快音を響かせた。

 秋田市のさきがけ八橋球場の第1試合で秋田商と戦う予定だった能代の選手は、球場に着いて順延を知ると残念そうな表情を見せた。その後、能代市の同校に移動し練習に汗を流した。

(全文 588 文字 / 残り 285 文字)