木のおもちゃ美術館、10万人突破目前 新たな観光資源に

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
親子連れらでにぎわう休日の館内=5月5日午前11時ごろ
親子連れらでにぎわう休日の館内=5月5日午前11時ごろ

 秋田県由利本荘市町村(まちむら)の鳥海山木のおもちゃ美術館が今月1日、オープンから1年を迎えた。来館者は先月末時点で累計9万692人に上り、10万人突破は目前に迫る。開館が由利高原鉄道の利用にも結び付くなど、地域の新たな観光資源となっているが、平日は客足が鈍く、美術館は新たな誘客策を検討している。

 美術館によると、昨年7月のオープン後、来館者は1カ月余りで初年度目標の2万5千人を突破した。国登録有形文化財の木造校舎(旧鮎川小学校)で、さまざまな木製玩具や遊具で遊べるのが人気を集める。家族連れのほか、祖父母が孫と訪れるケースが多いという。

 来館者の7割は市外から訪れ、由利高原鉄道の利用にもつながっている。最寄りの鳥海山ろく線・鮎川駅は、2018年度の利用者が1万9620人で、17年度より約3700人増加。車内を木質化した「おもちゃ列車」を運行したり、鮎川駅をおもちゃで遊べるよう改修したりしたことも利用を後押ししている。

(全文 912 文字 / 残り 497 文字)