県内で不審電話相次ぐ 還付金詐欺の手口か

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田県警(資料写真)
秋田県警(資料写真)

 秋田県警生活安全企画課は12日、還付金詐欺の手口とみられる不審電話に関する相談が由利本荘、にかほ、横手各市から計6件あったと発表した。

 県警によると、還付金詐欺の手口とみられる不審電話は最近、県内各地で相次いでいる。「払い戻しの手続きはATM(現金自動預払機)でできる」とだまして、スーパーなどのATMに誘導し、特殊詐欺グループの口座に振り込ませる手口が目立つ。

(全文 401 文字 / 残り 219 文字)

同じキーワードのイベント情報