花岡小児童に鼓童ばちさばき指導 10月に公演、和太鼓力強く

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
鼓童のメンバーから指導を受け、ばちを振るう児童
鼓童のメンバーから指導を受け、ばちを振るう児童

 秋田県大館市の花岡小学校(伊藤哲朗校長、78人)で9日、太鼓芸能集団「鼓童(こどう)」(新潟県佐渡市)による和太鼓のワークショップが行われた。10月15日に同校で開かれる公演に向け、児童たちが指導を受けた。

 文化庁の「文化芸術による子供育成総合事業」の一環。2~6年生の16人が、板をおけのように合わせたおけ胴太鼓に挑戦した。児童たちはメンバー4人から「足は肩幅より少し広く開き、どちらかを引いて」「面の真ん中をしっかりたたこう」と助言を受けるなどし、ばちを振るった。

(全文 465 文字 / 残り 230 文字)