2候補奔走、各地で熱く訴え 参院選公示後2度目の週末

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
候補者が乗る選挙カーに手を振る有権者ら(写真は一部加工)
候補者が乗る選挙カーに手を振る有権者ら(写真は一部加工)

 参院選は13日、公示後2度目の週末を迎えた。激戦が伝えられる秋田県選挙区(改選数1)では3連休の初日、自民党現職の中泉松司候補(40)=公明党推薦=と、野党統一候補で無所属新人の寺田静候補(44)が各地で熱の入った訴えを繰り広げた。政治団体「NHKから国民を守る党」の石岡隆治候補(45)は県内で活動を行わなかった。

(全文 790 文字 / 残り 631 文字)