県内大学の研究から[秋田大大学院・藤井光教授]地中熱利用ヒートポンプシステム

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
藤井教授が触れているのがヒートポンプユニット。2階にある研究室の冷暖房用に使われる=秋田市の秋田大手形キャンパス
藤井教授が触れているのがヒートポンプユニット。2階にある研究室の冷暖房用に使われる=秋田市の秋田大手形キャンパス

 地下約200メートルまでの地盤にある熱を地中熱と呼ぶ。それをくみ上げるようにして取り出し、冷暖房などに利用するのが「地中熱利用ヒートポンプシステム」だ。

 地中温度は大気の影響を受けにくく、秋田市の約10メートル以深は年中15度ほどに保たれている。外気がおよそ30度の夏や0度の冬と比べると、温度差はいずれも15度あり、夏なら涼しく冬なら暖かく感じられる。同システムはこうした温度差を生かし、ヒートポンプによって涼しさや暖かさを増幅させる。

(全文 1585 文字 / 残り 1365 文字)

この連載企画の記事一覧