台湾のサイクリスト、男鹿に モニターツアーで景観満喫

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
田園地帯を走る参加者=男鹿市五里合
田園地帯を走る参加者=男鹿市五里合

 台湾のサイクリストとテレビ局を招いたサイクリングのモニターツアーが14日、秋田県男鹿市内で行われた。参加者は田園風景や日本海が広がる景色を楽しみながら約30キロのコースを自転車で走った。

 県がインバウンド(訪日外国人客)誘客強化に向けて取り組む里山サイクリング事業の一環。台湾の自転車愛好者で組織する台湾サイクリスト協会の2人とテレビ局の取材スタッフ2人、県内外から集まった自転車愛好者らの計約20人が参加した。

 一行は午前9時半すぎに同市北浦のなまはげオートキャンプ場を出発。北浦から男鹿中、五里合方面を巡った。日本海や田んぼを眺めながら走り、五里合漁港にも立ち寄った。五里合中石のナシ園で農家と交流しながら昼食を楽しみ、完走後はキャンプ場で地元食材を使ったバーベキューを味わった。

(全文 561 文字 / 残り 218 文字)

同じキーワードのイベント情報