米国、不法移民の摘発開始 寛容姿勢の「聖域都市」は反発

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
14日、米ニューヨークでトランプ政権の移民摘発計画に反対する人々(AP=共同)
14日、米ニューヨークでトランプ政権の移民摘発計画に反対する人々(AP=共同)

 【ニューヨーク、ロサンゼルス共同】米移民・税関捜査局(ICE)は15日までに、不法移民摘発に着手した。米メディアが伝えた。不法移民に寛容な「聖域都市」の自治体や移民支援団体は強く反発している。トランプ大統領が14日に始めるとした摘発は全米各地の約10都市で行われる見通しだったが、小規模にとどまっているもようだ。

 トランプ氏は15日、ホワイトハウスで記者団に「摘発は非常にうまくいった。大勢が日曜日に連れ出された。あなた方が知らないだけだ」と主張したが、詳細は明らかにしなかった。

 米メディアによると、摘発の対象は東部ニューヨークや中西部シカゴなど。