金足農、タイブレークの末に3回戦敗退 高校野球秋田大会

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
大接戦の末に敗れ肩を落とす金足農の選手。2回以降の打線の不振が響いた=さきがけ八橋球場
大接戦の末に敗れ肩を落とす金足農の選手。2回以降の打線の不振が響いた=さきがけ八橋球場

 第101回全国高校野球選手権秋田大会(県高野連など主催)第6日は16日、秋田市のこまちスタジアム、さきがけ八橋球場で3回戦残り4試合を行い、ベスト8が出そろった。角館は延長十三回タイブレークの末、昨夏の甲子園大会準優勝の金足農を破った。大曲は秋田北鷹を振り切り、由利は横手に逆転勝ち。大曲工は新屋をコールドゲームで退けた。シード7校が8強入りし、由利が唯一ノーシードから勝ち上がった。17日はこまちスタジアムで準々決勝2試合を行い、ベスト4のうちまず2校が決まる。

(全文 305 文字 / 残り 72 文字)

全試合を速報中!