大相撲、鶴竜が単独トップ維持 1敗白鵬、2敗高安ら4人

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
鶴竜(右)が寄り切りで逸ノ城を下す=ドルフィンズアリーナ
鶴竜(右)が寄り切りで逸ノ城を下す=ドルフィンズアリーナ

 大相撲名古屋場所10日目(16日・ドルフィンズアリーナ)横綱鶴竜が平幕逸ノ城を寄り切って初日から10連勝とし、単独トップを維持した。横綱白鵬は関脇玉鷲を突き落とし、連敗を免れて1敗を守った。

 大関高安は明生を寄り切って勝ち越し。関脇御嶽海は大栄翔に突き出しで敗れ4敗目を喫した。

 全勝の鶴竜を1敗で白鵬が追い、2敗で高安、平幕の妙義龍、友風、照強が続く展開は変わらなかった。十両は剣翔が2敗を守り単独首位。

 元関脇の十両安美錦が引退の意向を表明した。