寺田、中泉2候補が横一線 本社世論調査、投票先未定2割超

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
中泉松司候補(左)、寺田静候補
中泉松司候補(左)、寺田静候補

 21日投開票の参院選で、秋田魁新報社は14~16日に電話世論調査を行い、取材を加味して秋田県選挙区(改選数1)の終盤情勢を探った。野党統一候補で無所属新人の寺田静候補(44)と、自民党現職の中泉松司候補(40)が、横一線で競り合っている。政治団体「NHKから国民を守る党」の石岡隆治候補(45)は支持が限定的。調査時点で2割超は投票先を決めておらず、最終盤にかけて情勢が変わる可能性がある。

(全文 715 文字 / 残り 519 文字)

特集ページです