岩屋防衛相、住民へ直接謝罪考えず 地上イージスずさん調査

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
岩屋毅防衛相(資料写真)
岩屋毅防衛相(資料写真)

 岩屋毅防衛相は16日の記者会見で、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備計画を巡り、秋田市の陸上自衛隊新屋演習場を「適地」とした調査報告書でミスが続出した問題について、地元住民に直接面会して謝罪する考えがないことを明らかにした。岩屋氏は先月18日の衆院安全保障委員会で「必要性、機会があれば住民の声も聞いてみたい」と答弁していた。

 岩屋氏は本県ともう一つの配備候補地の山口県で、知事や市長らに謝罪した経緯を踏まえ、「県民、市民を代表する方におわびをさせていただいた」とし、住民に直接謝罪することに関しては「考えていない」と明言した。

(全文 520 文字 / 残り 247 文字)