県内政党支持率、自民トップで42・9% 立憲民主に大差

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田魁新報社が14~16日に秋田県内有権者を対象に実施した参院選の終盤情勢調査で、政党支持率は自民党の42・9%が最も高かった。4、5の両日実施した序盤情勢調査の37・0%と比べ5・9ポイント上昇した。今回調査で支持率が2番目に高い立憲民主党(11・6%)に、31・3ポイントの大差をつけた。

 3番目以降は、公明党と社民党がいずれも2・6%、共産党が2・0%、国民民主党が1・9%、日本維新の会1・2%だった。「支持政党なし」と答えたいわゆる無党派層は31・3%で、序盤調査から8・6ポイント減った。

(全文 475 文字 / 残り 224 文字)

秋田魁新報電子版