米、対北朝鮮「対話こそ進歩」 トランプ大統領、成果訴え

お気に入りに登録

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は16日、ホワイトハウスで開いた閣議で、北朝鮮情勢について「大きな進歩を遂げている。その進歩とは素晴らしいコミュニケーションだ。以前はゼロ・コミュニケーションだった」と述べ、米朝対話が続いていること自体が成果だと訴えた。

 6月30日に板門店で電撃的に開かれた米朝首脳会談を巡っては「前日には何の計画もなかった」と明かした。トランプ氏が北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長にあいさつに行こうと(周囲に)言ったところ「誰もどうやって連絡を取ったらいいか分からなかった。そこで私がツイッターに投稿した。素晴らしい会談だった」と振り返った。