強烈スパイク、すごい! 児童がプロからバレー学ぶ、秋田市

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
強烈なスパイクを披露するジェイテクトの選手
強烈なスパイクを披露するジェイテクトの選手

 バレーボール男子Vリーグ1部のジェイテクト(本拠地・愛知県刈谷市)の選手によるバレーボール教室が14日、秋田市の雄和体育館で開かれた。県内の小学生104人が国内トップレベルの選手から指導を受け、練習メニューやプレーの心構えを学んだ。

 本間隆太主将(27)=神奈川県出身=ら5人がコーチを務めた。ランニングや体操で体をほぐした後、児童はボールを使った運動を行い、あおむけでボールを上に投げ、立ち上がって背面でキャッチするといったメニューをこなした。

 実際のプレーの指導では、各選手がレシーブのこつとして「膝を柔らかく使おう」「体の前方でボールに触れよう」などと伝えた。見本として選手が強烈なスパイクを繰り出すと、児童は目を輝かせていた。

(全文 588 文字 / 残り 270 文字)