迫力の十六羅漢、境内にお目見え 東由利の寺に都内男性寄贈

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ほほ笑んだり怒ったりと、その表情はさまざま
ほほ笑んだり怒ったりと、その表情はさまざま

 秋田県由利本荘市東由利蔵の蔵立寺(ぞうりゅうじ)(伊藤彦舟(げんしゅう)住職)の境内に、先月から16体の仏像「十六羅漢像」がお目見えしている。同市のふるさと応援大使を務める畑山敏也さん(71)=旧東由利町老方出身、東京都国分寺市在住=が寄贈した。畑山さんは「地方創生に役立ちたいと思った。多くの人に訪れてほしい」と話している。

 十六羅漢とは、釈迦(しゃか)の弟子の中で特に優秀な16人の弟子のこと。像は本堂前に設置され、高さ約80~145センチ。中国の職人が御影石を彫って制作した。体の肉付きや衣服のしわなどがリアルに表現され、威容を誇っている。目を閉じている顔や、ほほ笑んでいる顔、目を大きく見開いて怒っている顔など、一つとして同じ表情はないという。

 像は、畑山さんが埼玉県の石材店で偶然見掛け、その精巧なつくりや表情に一目ぼれ。生家の菩提寺(ぼだいじ)である蔵立寺に寄贈しようと自費で購入した。

(全文 753 文字 / 残り 353 文字)