全国大会でも勝つぞ! 学童野球県王者が男鹿市役所訪問

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
男鹿市役所を訪れて優勝を報告した払戸小野球スポーツ少年団の選手ら
男鹿市役所を訪れて優勝を報告した払戸小野球スポーツ少年団の選手ら

 第39回全日本学童軟式野球秋田県大会で初優勝を飾った男鹿市の払戸小野球スポーツ少年団が16日、同市役所を訪れ、菅原広二市長に優勝を報告した。選手たちは来月18日から東京で開かれる全日本大会での健闘を誓った。

 訪れたのは選手10人と佐々木俊コーチ=市職員=ら。佐々木コーチが「粘り強い野球で優勝できた。全日本大会でも同じような試合をして勝利を目指したい」と報告した後、畠山大翔主将(6年)ら選手が「走塁を頑張る」「チャンスで打席が回ってきたら必ず打ちたい」などと全日本大会への抱負を述べた。

(全文 326 文字 / 残り 81 文字)