札幌のバレエ大会で優秀賞 能代南中3年生、35歳未満の部

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
優秀賞を受賞した清水さんの演技(写真工房無限提供)=6月30日、札幌市
優秀賞を受賞した清水さんの演技(写真工房無限提供)=6月30日、札幌市

 札幌市で先月末開かれた「第3回ヴィクトワール・バレエコンペティション札幌2019」で、秋田県能代南中3年の清水寧々さん(14)がモダン・コンテンポラリー(35歳未満)の部で優秀賞に選ばれた。

 コンペティションは、世界に通用する若手の育成と支援を目的にヴィクトワールバレエ企画(事務局・兵庫県養父市)が主催。札幌のほか、神戸、東京など国内の主要都市で開いている。3回目となった札幌開催では計9部門に約160人、モダン・コンテンポラリーの部には清水さんを含む13人が出場した。優秀賞は上位3位に次ぐ4~7位の成績。

 清水さんは5歳からバレエを始め、現在、能代市のたなはしあゆこバレエスクールに通う。今回披露した「ダヴィンチの蝶」は、空を飛ぶことに憧れたレオナルド・ダビンチがチョウを研究したという説から、人知を超えた神秘さをテーマにした作品。同スクールで指導に当たる棚橋絵里奈さんが振り付けした。

(全文 544 文字 / 残り 147 文字)

同じキーワードのイベント情報