時代を語る・あゆかわのぼる(37)笑いを忘れぬ人生に

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
資料に囲まれながら原稿を執筆=秋田市河辺の自宅書斎
資料に囲まれながら原稿を執筆=秋田市河辺の自宅書斎

 言葉が自然に湧いてきて詩になることがあります。普段から気になる言葉やフレーズを書き留めておいて、それがヒントになることもあります。

 テーマに沿い、詩作に臨むこともあります。私の中に言葉の「引き出し」がたくさんあればいいのですが、必ずしもそうはいきません。そういう時はかなり呻吟(しんぎん)します。

(全文 769 文字 / 残り 620 文字)

この連載企画の記事一覧