[あきた参院選]1票に託して(中)40~50代 国民目線の政治必要

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
参院選の日程を伝える看板。働き盛りの有権者は子育て環境の充実や経済活性化策に注目している
参院選の日程を伝える看板。働き盛りの有権者は子育て環境の充実や経済活性化策に注目している

 「小学生の娘が2人いる。将来娘たちが県外の大学に進んでも、秋田に戻りたいと思える魅力ある古里になってほしい。そのためには子育てや年金など暮らしに関わる政策が重要。そうした訴えに注目して候補者や政党を選びたい」=秋田市手形住吉町、主婦佐藤奈々子さん(40)

 「食品卸・小売りを手掛けており、自分の家族や従業員12人の生活を預かっている。国民がやっとの思いで納税しているのに、政治家はその苦労をどれほど理解しているのだろうか。もっと国民目線に立った政治が必要だ」=潟上市天王、会社社長佐々木敏さん(48)

(全文 766 文字 / 残り 515 文字)