にかほ市「住みよさ」北海道・東北1位 全国では21位

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
市役所象潟庁舎玄関に掲示された、住みよさランキングの北海道・東北ブロック1位を伝える看板
市役所象潟庁舎玄関に掲示された、住みよさランキングの北海道・東北ブロック1位を伝える看板

 東洋経済新報社(東京)が全国812市区の統計を基に算出した「住みよさランキング2019」で、秋田県にかほ市が北海道・東北ブロックの1位になった。18歳以下の医療費が全額助成されることや、人口当たりの事件事故の少ないことが評価された。全国順位は21位だった。

 ランキングは同社が1993年から毎年、独自の基準を設けて統計を分析し、順位付けしている。基準は四つで、▽安心度=医療費助成や事件事故の件数など6項目▽利便度=小売店の面積や飲食店の数など4項目▽快適度=転出入人口比率や気候、水道料金など6項目▽富裕度=所得や持ち家世帯比率など6項目。県内では旧大曲市(現大仙市)が99~2001年に3年連続で全国1位になっている。

(全文 653 文字 / 残り 341 文字)