バスケ、ラマス監督が意気込み W杯で「快挙を成し遂げたい」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
取材に応じる、バスケットボール男子日本代表のフリオ・ラマス監督=18日、東京都内
取材に応じる、バスケットボール男子日本代表のフリオ・ラマス監督=18日、東京都内

 バスケットボール男子日本代表のフリオ・ラマス監督が18日、東京都内で報道陣の取材に応じ、8月31日から9月15日まで中国で開催されるワールドカップ(W杯)に向け「日本がまだ勝ったことのない欧州勢に勝利し、初の快挙を成し遂げたい」と意気込みを語った。

 米プロNBAのウィザーズからドラフト1巡目指名を受けた八村塁らが参加したサマーリーグにも言及し「日本人選手が4人も出場していることが快挙」と評価。八村については「順応する能力が高いと感じた。代表チームにとって必要不可欠。いずれは日本にとって偉大な選手になってほしい」と期待を込めた。