全国でも数カ所、しょうゆ醸造を体験 「石孫本店」を整備へ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
発酵ツーリズムの拠点施設として整備が計画されている石孫本店
発酵ツーリズムの拠点施設として整備が計画されている石孫本店

 あきた発酵ツーリズム推進協議会(会長・熊谷嘉隆国際教養大教授)の2019年度第1回会合が18日、秋田県湯沢市の県雄勝振興局で開かれた。事務局を務める県観光文化スポーツ部が本年度事業について説明し、同ツーリズム拠点施設整備事業として、同市岩崎のみそしょうゆ醸造元「石孫本店」(石川裕子社長)など県内3社を対象に計画を進めていることを明らかにした。

 岩崎地区では昨年度、同業の「高茂」が同事業によりギャラリーなどを整備。拠点施設が複数存在する発酵ツーリズムのモデル地区として注目を集めそうだ。

 石川社長(70)は「しょうゆの醸造体験ができる場所は全国でも数カ所で、うちでできればと考えていた。岩崎に発酵に関する施設がそろえば、発酵食品の魅力などをさらに発信していけるのではないか」と話している。

(全文 687 文字 / 残り 341 文字)

秋田の最新ニュース