悩み、不安を打ち明けて 中仙中生徒、聞き取り方学ぶ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
悩みを話したり聞き取ったりする練習に取り組む生徒
悩みを話したり聞き取ったりする練習に取り組む生徒

 心の苦しみへの対応方法を学ぶ「SOSの出し方・受け方講座」が18日、秋田県大仙市長野の中仙中学校で開かれた。生徒や教職員計約160人が、専門家の講話を通じ、悩みや不安の打ち明け方や、相手への接し方を学んだ。秋田魁新報社の自殺予防キャンペーン「いのちを守り、いのちを支える」の一環。

 秋田市中通のメンタルクリニック秋田駅前の稲村茂院長と、看護師の齊藤衆子さんが講師を務めた。

(全文 552 文字 / 残り 365 文字)