商店街で壁に挑め! ボルダリングジム、県内外の愛好者続々

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
青森県から15日に訪れた小学生。ボルダリングは子どもたちにも人気という
青森県から15日に訪れた小学生。ボルダリングは子どもたちにも人気という

 体一つで突起の付いた壁を登る「ボルダリング」専用のジムが今月、秋田県大館市御成町にオープンした。代表の庄司隆生さん(43)=北秋田市=が目指すのは、県北地区で働く人などが気軽に体を動かして余暇を楽しめる場。「ボルダリングを通じて楽しい街づくりに貢献したい」と話す。

 オープンしたジムは「CAMP&CLIMBING FREAKY(キャンプ・アンド・クライミング・フリーキー)」。JR大館駅近くの御成町二丁目商店街の空き店舗を改修した。ボルダリングを含む「スポーツクライミング」が、2020年東京五輪で初めて実施されることもあり、ブームを受けて県内外から愛好者が続々と訪れている。

(全文 795 文字 / 残り 506 文字)