比例投票用紙2枚交付か、八峰町が参院選でミス

お気に入りに登録

 秋田県選挙管理委員会は19日、八峰町の峰浜地区文化交流センター峰栄館に設置された期日前投票所で、参院選本県選挙区の投票用紙と間違えて比例代表の投票用紙を交付した可能性があると発表した。

 八峰町選挙管理委員会によると、19日午前9時ごろ、比例代表と本県選挙区の投票用紙の残数を比較したところ、比例代表が2枚少ないことに職員が気付いた。付近を捜しても見つからず、県選管に報告した。

(全文 488 文字 / 残り 299 文字)