鶴竜初黒星、白鵬と並ぶ 友風最速金星、2敗で照強追う

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
友風(右)がはたき込みで鶴竜を破る=ドルフィンズアリーナ
友風(右)がはたき込みで鶴竜を破る=ドルフィンズアリーナ

 大相撲名古屋場所13日目(19日・ドルフィンズアリーナ)鶴竜が横綱初挑戦の平幕友風にはたき込まれる波乱で初黒星を喫し、平幕妙義龍を小手投げで退けた横綱白鵬と1敗で首位に並んだ。

 友風は初土俵から14場所目での金星獲得で、年6場所制となった1958年以降(幕下付け出しを除く)で小錦と並ぶ最速記録。

 関脇御嶽海は琴奨菊を寄り切り、勝ち越した。先場所優勝の平幕朝乃山は負け越した。

 1敗の両横綱を2敗で平幕照強が追う展開となった。十両は剣翔が2敗で単独トップを守った。