明桜、秋田中央が決勝へ 高校野球秋田大会

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【角館―明桜】4安打に抑え完封した明桜の佐々木湧
【角館―明桜】4安打に抑え完封した明桜の佐々木湧

 第101回全国高校野球選手権秋田大会(県高野連など主催)第9日は20日、秋田市のこまちスタジアムで準決勝2試合を行い、第1シードの明桜と第3シードの秋田中央が決勝に進んだ。明桜は角館を2―0で下し、秋田中央は第2シード能代を10―0の五回コールドゲームで退けた。決勝は21日午後1時からこまちスタジアムで行われる。明桜が勝てば2年ぶり10度目(経大付、経法大付時代を含む)、秋田中央が勝てば秋田市立時代以来45年ぶり5度目の夏の甲子園出場となる。

(全文 264 文字 / 残り 40 文字)

全試合を速報中!