試験開放、釣り人ずらり 秋田港北防波堤、「通年」に期待も

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
試験開放された北防波堤で釣りを楽しむ人々
試験開放された北防波堤で釣りを楽しむ人々

 秋田県は20日、秋田市飯島にある秋田港の北防波堤を釣り場として試験的に開放した。好天に恵まれ、県内外の78人が来場した。21日までで、事前に申し込んだ人のみ入れる。

 この日は午前7時~午後4時に開放。釣り人は入場料(大人千円)を支払い、持参のライフジャケットを着用して入場した。釣りざおをしならせて糸を垂らし、アジやクロダイなどを釣り上げていた。50センチほどのエイが釣れると、釣り人が集まり、歓声を上げる姿が見られた。

 父親と来場した旭川小6年の兜森裕貴君(11)は「いつも行く向浜や中島埠頭(ふとう)より、魚がたくさん釣れた。家でさばいて塩焼きにしたい」と笑顔を見せた。

(全文 598 文字 / 残り 310 文字)