北斗星(7月21日付)

お気に入りに登録

 秋田市土崎地区できのう、「土崎神明社祭の曳山(ひきやま)行事」(土崎港曳山まつり)が始まった。今夜の戻り曳山で最高潮を迎える。土崎地区住民が一年で一番熱くなる2日間だ

▼曳山には勇壮な武者人形と合わせて、五七調で世相を風刺した「見返し」が欠かせない。24町内が参加した今年の見返しコンクールで、最優秀賞に輝いた作品は「令和から 家計テンパる 増税案」。10月に予定される消費税増税が題材だ

▼現行の消費税率を表す「08(れいわ)」と「令和」、新たな税率10(テン)%と「テンパ」を掛けたしゃれが効いている。この作を含め消費税を取り上げたのは3点。家計に直結する増税への関心の高さがうかがえる

▼同市への配備計画が問題になっている地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」を風刺した見返しも3点あった。一つだけ紹介すると「お得意のデータ改ざん 地上イージス お前もか!」。防衛省報告書のずさんなデータへの怒りが感じられる

▼きょうは参院選の投票日。消費税、地上イージスのほか、公的年金制度や憲法改正の是非など争点は多い。本県選挙区は激戦が伝えられるが、世論調査で選挙に「関心がある」とした有権者は前回よりやや減少。投票率の低下が懸念される

▼6年半継続している安倍政権に中間評価を下す貴重な機会である。棄権してはもったいない。各党の公約や候補者の主張を、もう一度確かめよう。より良い未来につながるのはどれか。冷静に見極め一票を投じたい。

あきた参院選特集ページ

同じキーワードのイベント情報

秋田の最新ニュース