寺田静さん「生活が上向くように努力」、参院選初当選で抱負

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
選挙事務所で参院選の結果を伝える新聞に目を通す寺田さん
選挙事務所で参院選の結果を伝える新聞に目を通す寺田さん

 21日投開票の参院選本県選挙区で初当選を果たした野党統一候補で無所属新人の寺田静さん(44)は一夜明けた22日、秋田市御野場の選挙事務所で取材に応じ、「今、苦しい状況にある人のために働きたい。皆さんの生活が少しでも上向くように努力する」と抱負を語った。

 22日の午前2時ごろに自宅で眠りにつき、午前7時半ごろに起床したという寺田さん。長男の慎平ちゃん(5)が「ママおめでとう」と拍手をしてくれたという。「少しずつ当選の実感が湧いてきた。責任の重さが肩に重くのし掛かる」と語った。

 地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」については「配備阻止のため議員としてできることを最大限やりたい」と述べた。

(全文 589 文字 / 残り 289 文字)