おみやげGP銀賞に「秋田銀線細工」 JR東日本、雑貨部門

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
竹谷本店の「秋田銀線細工」
竹谷本店の「秋田銀線細工」

 JR東日本が実施した「みんなが贈りたい。JR東日本おみやげグランプリ2019」で、秋田県からは雑貨部門で竹谷本店(秋田市)の「秋田銀線細工」が銀賞に輝いた。川口屋(同)の「金のバターもち」も北東北エリアの特別賞に選ばれた。

 おみやげグランプリはJR東管内の沿線地域と各地のお土産を全国にPRしようと、2017年から実施している。今年は管内17都県の駅で販売されている計197品のエントリーがあり、特設ウェブサイトで投票を呼び掛けた。6月10日から30日までの期間に7万3944票が集まった。

 食品、地酒を含む3部門のうち、雑貨部門で銀賞となった秋田銀線細工は、繊細な手作業により、0・2~0・3ミリの細い純銀の線をより合わせてつぶし、巻くなどして作る。「細工の美しさに感動した」「うっとり見入ってしまう」といったコメントが寄せられたという。

(全文 657 文字 / 残り 286 文字)