首相、改憲推進へ柔軟姿勢 「自民案にとらわれず」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
参院選の結果を受け記者会見する自民党総裁の安倍首相=22日午後、東京・永田町の党本部
参院選の結果を受け記者会見する自民党総裁の安倍首相=22日午後、東京・永田町の党本部

 安倍晋三首相(自民党総裁)は22日、参院選投開票を受けて党本部で記者会見し、国会での憲法論議の推進を各党に呼び掛けた。安倍政権下での憲法改正に前向きな「改憲勢力」が国会発議に必要な参院3分の2(164議席)を割り込んだことを踏まえ「与野党の枠を超え、3分の2の賛同が得られる改正案を練り上げたい。自民党案だけにとらわれず、柔軟に議論していく」と述べた。

 9条への自衛隊明記を含む自民党改憲案4項目にこだわらない姿勢を示し、各党に前向きな対応を促した格好だ。2020年の改憲実現目標に改めて言及した上で「スケジュールありきでない」とも語った。