柔道、永瀬「優勝でアピール」 GP大会へ出発

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
柔道のGP大会への出発前に取材に応じる男子81キロ級の永瀬貴規=22日、羽田空港
柔道のGP大会への出発前に取材に応じる男子81キロ級の永瀬貴規=22日、羽田空港

 柔道のグランプリ(GP)大会(26~28日・ザグレブ)に出場する日本代表が22日、羽田空港から出発し、男子81キロ級で2016年リオデジャネイロ五輪銅メダルの永瀬貴規は「優勝できればしっかりアピールでき、さらに自信をつけてステップアップできる」と力を込めた。

 永瀬は世界選手権(8月25日~9月1日・日本武道館)代表に入っていないが、7月上旬のGPモントリオール大会を制覇。右膝故障からの復調を印象付けている。

 世界選手権混合団体メンバーで女子70キロ級の大野陽子は「(GP大会は)次の大会に向けての通り道」と意気込んだ。