京アニ、スタジオ防火対策は適切 京都市消防局、議会説明

お気に入りに登録

 京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」第1スタジオの放火殺人事件を受けて、市消防局は22日、市議会の委員会で同社の防火対策が適切だったと説明し、消火活動や被害状況を報告した。

 消防局によると、スタジオには消火器などが設置され、消防計画の届け出もあった。らせん階段には、火災時に煙の広がりを防ぐ防煙垂壁が取り付けてあった。

 山内博貴消防局長は「防火対策がされていたにもかかわらず、多くの方が亡くなり負傷したのは大変遺憾だ」と話した。