吉本興業社長の会見に芸人たちから疑問&失望&皮肉の声が続々

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
吉本興業の岡本昭彦代表取締役社長 (C)ORICON NewS inc.
吉本興業の岡本昭彦代表取締役社長 (C)ORICON NewS inc.

 吉本興業の岡本昭彦社長(53)が22日、都内で記者会見を開催。地上波テレビ局やネットで生中継されていることから、会見を視聴している芸人たちからSNSでさまざまな反応が上がっている。

【アップショット】“反社スポンサー”問題について説明したパネル

 雨上がり決死隊の宮迫博之(49)とロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)が20日の会見で明かした「全員クビにする」という“圧力発言”について、岡本社長は事実と認め「冗談で言った」「場を和ませるつもりで言った」と釈明した。

 この発言を受け、ダイノジ・大地洋輔は「冗談てか。。。」、エハラマサヒロが「和ませようと…?」、学天即・奥田修二も「芸人は、本気と冗談を見分けられます。だから芸人なんやもん」と続々と疑問の声を上げた。キートンも「テープ回しての件…冗談!もう絶賛するしかない!」と皮肉たっぷりにツイートした。

 また、岡本社長の言葉を聞いた感想として、とろサーモン・久保田かずのぶは「悲しいわ。知り合いの芸人、先輩後輩同期、皆同じ事を思ってる。頼むから汗の書いた文字が欲しいんです。生きてる言葉をください血の通った発言を聞きたいんです」、平成ノブシコブシ・徳井健太は「非常に残念です」と思いを吐露。天竺鼠の川原克己は「何かわからないものが、ずっとすごい弱火ですごい焦げている」と独特の表現でつづった。

 闇営業の温床となっている吉本の“ギャラ問題”について、岡本社長は「いろいろ安い等々言われたりしてますけども、会社が9でタレントが1ということはまったくない。ざっくりとした平均値でいっても5対5から6対4」と説明。これを受けてキートンは「ギャラ5:5だったのか てことは、私が海外に約1週間行ったあの仕事は、吉本は2万円で引き受けたのか! 優良企業」と自らのギャラを暴露しながら、ツッコミを入れた。

 会見を生中継したフジテレビ系『直撃LIVE グッディ!』にコメンテーターとして出演していたトレンディエンジェル・斎藤司は「皆さんに申し訳ない。僕はこの会社だったんだってことにすごく、情けないっていったらアレですけど…」「言葉悪いですけど長ったらしい。今の自身の状況、立場をまったく理解していない」と苦言を呈した。

オリコンニュース