大曲の市道で救急車が縁石に接触、搬送男性への影響なし

お気に入りに登録

 大曲仙北広域消防本部は23日、119番を受け出動した大曲消防署の救急車が患者宅に向かう途中、縁石に接触する事故を起こし、代わりの救急車が出たため現場到着が8分遅れたと発表した。患者は大仙市の80代男性で、脱水症状のため市内の病院に搬送されたが命に別条はなかった。同本部は遅れによる容体への影響はなかったとしている。

(全文 333 文字 / 残り 175 文字)