英、欧州主導で船舶保護へ 米有志連合と一線か

お気に入りに登録

 【ロンドン共同】ハント英外相は22日、中東のホルムズ海峡での船舶保護を欧州主導で目指す方針を表明した。「イランに最大限の圧力を加える米国の政策の一部ではない」と強調。トランプ米政権との協力は模索するが、米国が主導する有志連合構想と一線を画す考えを示唆した。

 ハント氏は下院で「国際法上、船舶の航行を阻害する権利はない」と主張し、イラン革命防衛隊による英タンカー拿捕は「国家による海賊行為」と改めて批判。船員や貨物がホルムズ海峡を安全に往来できるよう支援するため、欧州諸国が協力して軍艦を派遣することなどを検討していると明かした。