「いちじくいち」スポンサー募集 にかほ市特産活用、10月

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
昨年10月に開催されたいちじくいちの様子
昨年10月に開催されたいちじくいちの様子

 秋田県にかほ市特産のイチジクを使った恒例イベント「いちじくいち」を10月に開催する実行委員会が、スポンサー企業を募集している。自治体の補助金に頼らない運営を掲げており、実行委は「イベントの知名度が上がった今、支援してくれる企業とのつながりを広げたい」と話す。

 いちじくいちは地元生産者や加工業者、編集者の藤本智士さんらクリエーターなどでつくる実行委員会が2016年から開催。象潟町の旧上郷小学校の空き校舎を会場に、生イチジクの販売や市内外の飲食店の出店、イチジクの甘露煮作りのワークショップなどがある。2日間開催し、昨年は約5千人が市内外から集まった。4回目の今年は10月5、6の両日開催する。

 イベントを継続して開催するため、一定期間しか受けられない自治体の補助金は活用せずに運営してきた。継続開催するための財源確保に向け、企業スポンサーを募集することにした。

(全文 620 文字 / 残り 238 文字)