「甲子園で校歌歌おう」 秋田中央高で壮行会、奮闘誓う

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
拍手の中、第1アリーナに入場する選手ら
拍手の中、第1アリーナに入場する選手ら

 第101回全国高校野球選手権大会(甲子園球場)に出場する秋田中央高の壮行会が26日、秋田市土崎港南の同校で開かれた。熊谷郁哉主将(3年)は生徒、教職員ら約650人を前に「甲子園では県大会以上の戦いをし、(試合に勝って)全員で校歌を歌えるよう頑張りたい」と意気込みを語った。

 野球部員は拍手の中、同校第1アリーナに入場し、ステージ上に整列。和田央校長は「一回でも多く校歌を歌ってほしい」と激励。生徒会長の澤木雄作さん(2年)は「全校生徒一同で精いっぱい応援する。体調を万全にして実力を発揮してほしい」とエールを送った。

(全文 395 文字 / 残り 136 文字)