ワンニャピアに壁画 「銀牙」の高橋よしひろさん描く

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
県動物愛護センターに設置された壁画
県動物愛護センターに設置された壁画

 秋田市雄和椿川の県動物愛護センター「ワンニャピアあきた」が28日、全ての工事が終わり本オープンした。エントランスホールでは東成瀬村出身の漫画家・高橋よしひろさん(65)が描いた壁画の除幕式が行われ、イヌやネコが楽しそうにじゃれ合うかわいらしい絵がお披露目された。

 同センターは同市浜田の旧県動物管理センターの機能を引き継ぎ、保護された犬猫の譲渡や、飼い主に対する育て方の助言などを行う。今年4月に業務を開始。6月から一般に開放された。

 壁画はエントランスホールの窓上に設置された。高さ約1・2メートル、幅約4・7メートルの2枚。それぞれイヌ、ネコが仲良く餌を食べたり、ボールで遊んだりする姿が描かれている。

(全文 509 文字 / 残り 205 文字)