五輪出場・土佐礼子さん「目標持つことが大事」 潟上で講演

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
講演する土佐さん
講演する土佐さん

 むつみ造園土木(秋田市、佐々木創太社長)の創立50周年を記念する講演会が27日、潟上市の同社潟上本店で開かれた。女子マラソンで2度の世界選手権メダリストとなり、2004年アテネ、08年北京両五輪に出場した土佐礼子さん(43)=愛媛県=が「夢を力に」と題して講演した。造園関係者ら約300人が耳を傾けた。

 12年に引退した土佐さんは現在、三井住友海上火災保険の陸上競技部アドバイザーを務める。大学や実業団時代の競技生活を振り返り、「モチベーションを維持するには目標をしっかり持つことが大事。大会は華やかだか、練習の計画を立て地道に頑張ることを大切にしていた」と話した。

(全文 476 文字 / 残り 192 文字)