老舗の冷やかけそば、秋田駅前で Dリンクが「弥助」出店

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田駅前にオープンした「弥助そば 秋田総本店」
秋田駅前にオープンした「弥助そば 秋田総本店」

 外食チェーンのドリームリンク(秋田市、村上雅彦社長)は29日、JR秋田駅西口に「弥助そば 秋田総本店」をオープンした。同社は昨年、羽後町西馬音内の老舗そば店「弥助そばや」の商標を取得しており、今後、県内外に店を展開する方針。後継者がいない名店の看板メニュー「冷やかけそば」の味を受け継ぎ、観光や出張で訪れた客らに提供する。

 総本店の場所は、秋田オーパの隣にある秋田駅前ビル(5階建て)の1階。弥助そばやが江戸後期の1818年創業であることから、内装は古民家風とし、欄間を設けたり骨董品のたんすを置いたりした。座席数は50席。テーブル席と座敷、三つの個室がある。

 メニューは冷やかけそば(税抜き800円)のほか、天ぷらそば(1200円)やジュンサイそば(1300円)など60種類。一品料理や酒も提供する。

 弥助そばは、そば粉のつなぎにフノリを使い、麺にこしがあるのが特徴。店員は6代目の金昇一郎さん(76)からそばの打ち方やつゆの作り方を教わっており、秋田市大町に造った製麺所で毎日、手打ちするという。

(全文 732 文字 / 残り 281 文字)