秋田道で車とクマ衝突 北秋田市、けが人なし

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 29日午前6時40分ごろ、秋田県北秋田市脇神字高森岱の秋田自動車道上り線の二井田真中インターチェンジ(IC)―鷹巣IC間で、大館市の50代男性の乗用車がクマと衝突した。車のバンパーが壊れたが、男性にけがはなかった。クマは死んだ。

 県警高速隊によると、車の進行方向左側の山林から体長約80センチのクマが出てきて、車の中央前部にぶつかった。現場は鷹巣ICの北東約800メートル。

(全文 188 文字 / 残り 0 文字)