秋田県沖2海域が「有望」 洋上風力、国の促進指定

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 経済産業省と国土交通省は30日、洋上風力発電施設を優先的に整備する「促進区域」の初指定に向け、地元で受け入れ準備が進んでいる11海域を公表した。このうち、「秋田県能代市、三種町および男鹿市沖」と「由利本荘市沖」を含む4海域を「有望区域」と位置付け、近く風況や地質の詳細調査を始めるとした。

 有望区域はほかに「千葉県銚子市沖」「長崎県五島市沖」。東北では今回、本県沖だけが選ばれた。このほか、「八峰町および能代市沖」「潟上市沖」の2海域も有望であるとし、地元合意などが進めば、できるだけ早く詳細調査を実施するとしている。

(全文 639 文字 / 残り 379 文字)