時代を語る・佐藤明(13)作業所を店舗に改修

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ジャズ喫茶出入り口のドアも防音と防寒のため二重
ジャズ喫茶出入り口のドアも防音と防寒のため二重

 ジャズ喫茶を開く前年の昭和48(1973)年に1、2カ月間、今の店の隣にあった不動産屋さんでアルバイトをしていたんですよ。

 ある日、社長さんから「明君、これから何をやるつもりなんだ」と聞かれて、「ジャズ喫茶をやろうと思って場所を探しているんです」と話したら、「だったらほら、隣を使えばいいじゃない」と紹介されたのが、今の場所と建物でした。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 747 文字 / 残り 577 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース