秋田工と能代、決勝で県勢対戦へ 高校軟式野球北東北大会

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【弘前工―能代】6回裏2死二塁、能代の三浦がランニング本塁打を放つ
【弘前工―能代】6回裏2死二塁、能代の三浦がランニング本塁打を放つ

 第64回全国高校軟式野球選手権北東北大会は31日、秋田市のこまちスタジアムで秋田、青森、岩手の3県の代表4校が出場して開幕した。1回戦2試合を行い、秋田工は一関一(岩手)に7―0、連覇を狙う能代は弘前工(青森)に9―2で共にコールドゲームで勝った。

 1日は午前10時から同スタジアムで、秋田工―能代の決勝を行う。優勝校は全国選手権大会(8月24~29日・兵庫県明石トーカロ球場、ウインク球場)に出場する。