昭和の50点展示、大館郷土博物館 戸嶋靖昌さんの絵画も

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
昭和の時代に輝いた作家の作品が並ぶ美術展
昭和の時代に輝いた作家の作品が並ぶ美術展

 秋田県北秋田市出身の洋画家戸嶋靖昌さん(1934~2006年)ら、昭和に活躍した作家約40人の作品を集めた「昭和ロマン派美術展」が、大館市釈迦内の大館郷土博物館で開かれている。25日まで。

 戸嶋さんと親交が深かった東京・銀座の「清澄画廊」の経営者田中孝一さん(77)=江戸川区=が収集し、同館に寄贈した作品のうち、油彩画と木版画など約50点を並べた。

 午前9時~午後4時半。月曜休館。一般300円、大学生以下無料。

(全文 418 文字 / 残り 210 文字)