秋田中央、7日に立命館宇治と初戦 夏の甲子園

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
対戦が決まり、立命館宇治の吉村仁主将(右)と並んでポーズをとる秋田中央の熊谷郁哉主将=3日午後、大阪市
対戦が決まり、立命館宇治の吉村仁主将(右)と並んでポーズをとる秋田中央の熊谷郁哉主将=3日午後、大阪市

 第101回全国高校野球選手権大会(6日開幕・甲子園球場)の組み合わせ抽選会が3日、大阪市のフェスティバルホールで行われ、45年ぶり5度目の出場の秋田中央は大会第2日(7日)の第4試合(午後3時半開始予定)の1回戦で、37年ぶり3度目の出場の立命館宇治(京都)と対戦することが決まった。

 抽選会は午後4時から出場49校の選手、監督らが見守る中で行われた。秋田中央の熊谷郁哉主将(3年)は32番目にくじを引き、先にくじを引いた立命館宇治の隣に校名札が掲げられた。ナインは冷静に抽選を見守った。

(全文 713 文字 / 残り 468 文字)